明日は冬至

 みみちゃんのことばかりのブログでたまには違う話題を・・・(笑)

 明日は冬至ですね。
 今日、ゆずを2つ買ったので早速「ゆず湯」に入りました。
 明日も入る予定です。

 体の芯から温まる感じになりますよね(o・v・o)

 ところで、ゆずと言えば、私の16歳の娘は「柚菜」と言います。
 よく「可愛い名前ね。どんな意味を込めてつけたの?」と聞かれるのですが・・・

 単純です。

 女の子だとわかってから可愛い名前をつけたい、あんまり他の子とかぶらない名前にしたいと思い毎日あれこれ考えていました。
 そんなある日、お風呂に入ろうと入浴剤を入れようとしたときに「ゆずの香り」という文字を見て、「?」、「ゆず?」「あれ?可愛い!」と思って漢字を調べて字画を調べて・・・となったのでした。

 この話は娘も知っているのでご安心を(笑)

 本当は、菜は「奈」の方にしたかったんですが、字画が良くなかったのでやめたのでした。
 どの部分の字画だったかはもう当然忘れていますが・・・┏(; ̄▽ ̄)┛

 息子の名前は、「裕太郎」なのですが、こちらも超単純です。
 高校の時に好きだった人の名前が「光太郎」でした。
 さすがにそのままつけれないので、「○太郎」としたかったんです。
 それで、私の父が石原裕次郎さんの大ファンで「裕」を頂きました(笑)

 息子は3文字なのが、「書くのが面倒だ!」と言います(汗)
 ごめんね・・・。

 話は変わって、その高校の時に好きだった人は3年同じクラスでしたがずーっと片思いでした。
 好きすぎて、告白しようとか一切考えられず、他の人と付合っては後悔したりガッカリ(?)したり・・・。

 でもでも、30歳の時に再会しました。
 もう胸はドキドキだったのですが、会って話して10分ぐらいで幻滅でした( ̄□ ̄;)!!
 ただのナンパなスケベ野郎になっていたんです。
 なっていた・・・というのは間違いできっとずっとそうだったのかもだけど、高校の時の私にはわからなかったんだろうと思います┏(; ̄▽ ̄)┛

 そして、それから10年、今の息子を見ていると「たいしたことないな~。なのに主張だけいっちょまえだ!」と思うのですが、当時の彼だってきっとそうだったんだと思います。
 だけど、本質を理解するのには私も子供だったのでした。

 もしも、もしもその片思いの彼くんと付合っていたとしても、結婚していたとしても、きっとうまくはいかなっただろうと今ならわかるのでした。

 そして、ぷーらりぷーらりしているわが息子を見ては「しっかりしてくれよ!」と思う毎日なのでした。


 私も大分、人生がわかってきたかも。

 冬至の前日に・・・。


 
by best-bplace | 2009-12-21 19:01 | 想うこと