みみちゃん~AIちゃんが遊びにきたでちゅよ!~

 *Mamaから*

 昨日は、2階で遊んだあと、かまくらハウスでホリホリしていたみみちゃん。

 
e0166066_22275467.jpg


 
e0166066_2228945.jpg


 モンジロウみたいに牧草をポリポリ・・・。

 
e0166066_2228356.jpg


 「あれ?誰かあたちに牧草くれまちゅね?」

 
e0166066_22285457.jpg


 「おっ!この手は・・・近所の可愛いAIちゃんじゃないでちゅか!?」

 
e0166066_2229183.jpg


 喜びいっぱいの顔のみみちゃん♪

 が・・・、

 
e0166066_22293691.jpg


 AIちゃんは一人でゆっくりWiiがしたくて遊びにきたのでした。
 ガックリした顔のみみちゃんの顔、おかしい(笑)

 近所では男の子が多くて、親が飲んでるときにゲーム大会が始まりますがAIちゃんはなかなか参加させてもらえません。
 なので、ゆっくり一人でやりにくる?って聞いたら「うん!」と言うので金曜日、お約束していたのでした。
 思い切り、満足するまでゲームをしておくれ!ってことで(o・v・o)

 
e0166066_2231943.jpg


 でもでも、ちゃ~んとみみちゃんと遊んでくれましたよ!
 嬉しくてみみちゃん、トイレの外でも●ちゃん落としてました(笑)

 そして、AIちゃんに「なんかみみちゃん、くさい!」って言われたりしてました(笑)

 
e0166066_2232032.jpg


 
e0166066_2232827.jpg


 AIちゃん、3年生です。
 バレエとピアノを頑張っている可愛い可愛い女の子です。

 とーっても可愛いお顔なんですが、意外と大物というか小さいことは気にしないので、みみちゃんの●ちゃんを素手でつかんで捨ててくれます(笑)
 なでなでも上手だし、みみちゃんをふまないようにちゃ~んと気をつけて歩いてくれるし、しつこくしないので本当に見てて安心です。

 たまに「またうさぎの物増えた?」ってさらりと聞いてきますが・・・(苦笑)

 
e0166066_22343332.jpg


 AIちゃんがみみちゃんルームから出ようとすると追っかけるみみちゃん。

 また来てもらおうね!

 
e0166066_22345970.jpg


 夜は私がワークをやっている間にまた2階にきました。
 パパがやってくると、得意になってイスの下に入ったりしていました。

 
e0166066_22354876.jpg


 こ~んな得意な顔にもなります。

 そして、パパが「そろそろ下に行こうか」っていうと、

 
e0166066_22361520.jpg


 寝ます(笑)

 
e0166066_22362869.jpg


 うっとりした顔をすると諦めてくれると思うのかな?

 それでもキャリーを出すと、

 
e0166066_2236529.jpg


 「あ?だめ?そうなっちゃいまちゅ?」って顔しました(笑)

 パパ、笑ってまし(≧ε≦)

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆

 
e0166066_22371450.jpg


 夕べは「新参者」を読んで寝ました。

 また一気に読んでしまいました。
 とってもいい作品、これも「★★★★★」です!!!!!

 東野さんは、この作品の中に色んな物をつめこんでくれたんだなって思いました。
 事件をただ解決するだけが刑事の仕事ではない、事件の裏、奥にあるものを探しだすことも大事な仕事だということ、それをず~っと読者に伝えていきたいと思っていたのかな~と思う、内容でした。

 簡単に話すことが出来れば、関係のない人のアリバイは証明できるけど、人には人のそれぞれ事情があることもあり・・・、そのために話したくても話せないこともある。
 でも、そこを理解し解明していき、そしてそれに対しての理解と優しさともつこと。
 そういう話がいっぱい詰め込まれていました。

 ドラマは見てないのですが、途中からでも見てみようと思いました。


 おすすめです!


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆


 今日はゆーたろ、夕方まで外出しました。
 家でのんびり、友達にメールを返したりゆっくりお風呂に入ったり。
 精神的に疲れるので病院では携帯は禁止にしてもらっているので、たまりにたまったメールへの返信は大変だったようです。
 午後からは4人でお寿司を食べて、満足して戻りました。

 入院当時は、大学は休学という形をとっていますがやっぱりプライドがあるのか「休学するならやめる」と言ってきかなかったのですが、ケースワーカーの方との定期的な面談の中でちょっとの遅れはちっとも恥ずかしくないと思えてきたこと、せっかく入ったのだから卒業したほうがお得だと思えてきたようで、後期から頑張りたいと言ってきました。

 自分は発達障害だということは、毎週月・水・金の朝に主治医の先生が発達障害の勉強会をやってくださっているので、その中でかなり理解が進んだようです。
 ちょっと物をなくしたり、おっちょこちょいが続くと笑いながら「俺、ADHD?」って言うようになりました。
 診断がついた4年半前から本人告知をどうしたらいいかが課題だったので、今回の入院はそこが一番今、良かったなと思えているところです。

 パパも私もあせって社会に出ることはないし、ゆっくり何をやってみたいかを考えてでいいのではないかと言いました。
 大学の課程が終了してもまだ何かやりたければ大学院に進んでもいいし、せっかくの大学生なのだからボランティアとか海外にちょっとショートステイとか色々やってみては?と。
 発達障害と持って生まれてきたことには絶対に何か意味があるはず。
 だからそれを家族で探していこうという話が出来ました。

 適応が悪い時はこういう話自体がまったく出来なかったんです。
 一方的に話してくるけど相手の話は聞けない。
 それがこんなに話せたのはすごいことです。
 入院という選択が間違ってなかった・・・とちょっと思えました。

 嫌がらずに病院に戻ったということは、ゆーたろもちゃんと適応を良くして、心も体も調子を整えていきたいなと思ってくれているんだろうと思います♪

 そしてADHDの気質があるゆーたろは、ロッカーの鍵を忘れていったのでまた明日、病院に行ってきます♪
 
 
by best-bplace | 2010-05-08 22:52 | みみちゃん