知能検査からわかること

 *Mamaから*

 先週、ゆーたろの知能検査がありました。
 4年前に一度検査をしましたが、今回改めて・・・です。

 その結果を先週聞いてきました。

 心理士さんのまとめによると、

 ゆーたろの苦手とする面は、

*自分自身の感情や考え、思いなど抽象的な物事を言葉にして表現することが苦手

*感情や考えなどを素直に正確に言葉にして相手に伝えることを苦手としており、自分の中に溜め込んでしまう傾向がある

*何か問題が起こったときなどに解決法を筋道をたてて(論理的)考えたり細かい対策を練ることが苦手である


 ゆーたろの得意とする面は、

*一般的な知識などは同じ年代の中で平均的なレベルにあります

*はっきりと手順が決まっているものや暗記などの単純記憶など、具体的にやり方や考え方が決まっているものなどは手早く正確に行うことが出来ます

*元々、生真面目で律儀な性格なので単純作業を長時間丁寧にこなすことが出来るなど今後も有効に活かしていくことの出来る能力を持っています


 今後の可能性・アドバイス

*自分自身の感じたことや考えたことをためらわずに表現するように心がけてみましょう

*物事を決めたり行動するときにも自分自身の判断で行うように心がけましょう

*最も困っている問題が起こった時に「誰に相談するのがいいか?」や「まずは何をするべきか?」を具体的に考えておき、心理士などにその手伝いをしてもらうのもよいでしょう

*ストレスの発散方法をみつけましょう
 気分転換できる趣味でもいいですひ、愚痴や不満をいえる相手をみつけることも一つです


 このような説明でした・・・。


 入院して、少しケースワーカーさんとの面談を重ねる中で去年大学に入学し、そうとう勝手がわからずにストレスがたまったと話していたようです。
 でもPAPAや私に心配をかけたくないというのが一番先に浮かび、でもストレスの発散方法もうまくみつからず、また「辛い」という一言を大学の中で言うこともできなかったと話していると聞きました。
 私はちょっと半信半疑だったというか、そんなに親に心配かけたくないって思うものかな?と思っていたのですが、この検査結果を見て、「本当にそうだったんだ」と思うと悲しくなりました。

 相当辛くなる前に気づけなかったこと、相当辛くなっても「もう大学生なんだから」と少しでも思ってしまった自分への後悔、いつもカウンセラーの先生に「こういう(発達障害)の子はずっと辛かったんです。一番辛いのは本人なんです。」という言葉を何度も聞いてきたのに・・・という思いです。

 カウンセラーの先生には、4年前に、2次障害が出て苦しくなっていたゆーたろのことを「15年かけてこじれちゃったんだから、15年かけて治していこうというぐらいの覚悟をしてね」と言われていました。
 でも高校では先生のおかげで適応が良かったのと、本人の努力で入学できた大学だからと安心して、その手を少し離してしまいました・・・。

 発達障害の子は小さいときから失敗経験がものすごく多いので「失敗から学ぶことはない」と言われています。
 小さくてもいいので成功体験を積ませていかないと学習が出来ないのです。

 そんなこと、とっくに理解していたはずなのにと・・・何度悔やんでも病んでしまったゆーたろの精神を思うとやりきれなくなります。

 また発達障害の子は「教えなくても自然に取得していくこと」にも苦手があります。
 とてもショックでしたが、

 「お母さんがあなたを大切に思うのはお腹を痛めて産んだから。そういうこと、何歳でわかった?」と先生が聞いた時に、

 「つい最近です。」と答えたのだそうです(泣)

 自閉症の子は人を物、ツールとして使ってしまう傾向もあります。
 ゆーたろにとって私はそういう存在なんだろなって感じることも多々あります。
 赤ちゃんの頃からありました。

 どこか一方通行になり、片思いしている感じがあるんです。

 それは「教えなくても自然と取得していく」ことへの苦手さゆえのことなんですね。

 なので、人を傷つけてしまうとどうなるかなど、教科書では教えてくれないことに対してはとっても理解が低い、だからあまりそこを非難してもわからないうちは仕方がない。
 要はそこをアプローチの対象にはしないでおこうということです。

 また知的な障害がないし、見た目も全くなにもない、強いていえば人と目を合わせて会話するのが苦手ですが全く見ただけでは障害があるとはわかりません。
 それゆえにいっぱい誤解されます。

 最初の心理士さんの説明に戻りますが、「自分自身の感情や考えを言葉にして表現することが苦手」というのは、生きていく上でとってもしんどいことだと思います。
 ゆずちゃんは練習して大分出来るようになってきました。
 でも、元々持っている性格もプラスして考えると男の子はこれが本当に難しいところです。

 苦手なことをすぐに得意にしていくことはとっても難しいことです。
 自分の気持ちを表現するということは、ゆーたろにとっては相当なハードルの高いことなのだろうと思います。
 来週はカウンセラーの先生とやっと面談出来るので初心に戻ってしっかりとアドバイスを受けてこようと思います。

 わが子には絶対に幸せになってほしいと強く願います。
 辛いだけの人生は送ってほしくありません。

 そのために私が出来ることをしっかりと探していきたいなって思います。


e0166066_18311257.gif


 

 
by best-bplace | 2010-05-24 18:31