みみちゃんにとっての幸せとは?

 今日はちょっと真面目なお話を書きます。

 先日、みみちゃんの爪切り&ボディチェク&血液検査をしてきました。
 みみちゃんも明日で3歳。
 これからは病気なども心配になってくる年齢です。

 前回の爪切りのときに病院の先生に素直に血液検査はしたほうがいいか?それはみみちゃんにとっては負担は少ないか?を聞きました。
 先生は慢性的な病気は血液の数値の変化で気づくこともあるのでやれるならやったほうがいい、すぐに終って15分ほどで結果も出ますと答えてくれました。
 だから簡単な気持ちで血液検査をお願いしました。


 でも、
 大変でした(涙)

 最初は後ろ足から採取しましたが2回やってダメ。
 みみちゃんの毛にうっすら血がついた時は「やっぱりやめます!」と言おうかと思いました。

 そして前足で2回ダメ、3回目でやっとこ採取。

 その間嫌がるみみちゃんに看護師さんは大きなため息をつく始末。

 なんだかとっても自己嫌悪でした。

 結果を待っている間、先生は本を取り出して(専門書)いかにうさぎの血液を採取するのが大変で押さえているほうが大変かを言い始めました。

 押さえるのが大変だとは言ってもそれはそちらの仕事、大きなためいきの理由にはなりません。
 それに前回聞いた時にこんなに大変だとは言わなかった。

 そして最後に「大変な場合は耳から採取することもある」といわれました。
 十分大変に見えた私にはなんで耳に変更shなかったのかわかりませんでした。

 でも、すっかり安心して先生に甘えているみみちゃんを見ると文句も言えなかったです。

 
e0166066_11104466.jpg


 
e0166066_11105472.jpg


 こんなにまったり・・・。

 血液検査は全くなにも異常なしでした。
 たまに家で行っているおちっこの検査も今のところ異常なし。

 私が心配なのは慢性的な病気もそうだし子宮などの病気も一緒に心配です。
 血尿とか出血で気づけることもあると先輩ママさんに教えてもらっておちっこ検査をしています。

 でも私は神経質過ぎるのかな?とも考えてしまいました。

 パパは、いつもちゃんと美味しい牧草をあげて一応太らないように甘いおやつもあげてないしみみちゃんは幸せに育っているので人間でいう生活習慣病みたいなものにはなりづらいんじゃないか?と言います。
 そしてその上で、何か病気になったとしてもそれはみみちゃんの寿命として受止めるのがみみちゃんにとっての幸せなんじゃないかな?と言います。

 私もそう思える反面、私が工夫することで防げることがあるならそれはやっぱり全うしたいと思うのでした。

 だけど今回のよう痛い思い、ストレスのかかる思いを何度もさせるのも胸が痛みます。
 検査をしょっちゅうするから病気にならないわけでもないとも理解も出来ます。

 結果は異常なしでしたがなんとも後味の悪い気持ちになってしまいました。

 看護師さんに関してはきっと4年目ぐらいの方ですがあまり抱っこなどは得意ではないようです。
 前にいたベテランの方は寿退社したのがとっても残念です。
 爪切りの最中でも先生が看護師さんのやり方に首をかしげたりがっかりな顔したりします。
 なのでいつも途中から先生が一人で抱っこしてささっとやってくれます。
 でも爪切りの時は先生だけでやってくれても十分安心ですが何かあった時はやっぱり不安が残るのかな?とか本当にもうどうしようもないぐらいに色々考えてしまいました(涙)

 今のところパパは爪切り程度なら今の病院に行って、もしも不安を感じたときのために他の病院をリサーチしておこうと言います。
 なのでリサーチをして納得出来る形をとっていきたいなと思います。

 ただ、みみちゃんにとっての幸せは?と考えると答えがなかなかでないのでした。

 
e0166066_11203633.jpg


 話が終っても帰りたくないよ~って先生から離れないみみちゃん。
 でもみみちゃんが先生を好きなことと、納得して全てをお任せできることはイコールじゃないってことなんですよね・・・。

 難しいな(ーー;)

 
e0166066_11214159.jpg


 この日はもう一つ受診の目的が。
 こちらのおめめはキラキラきれいですが・・・

 
e0166066_11221555.jpg


 左のおめめ、まゆげのあたりがうっすらピンクなのわかりますか?
 ちょっとピンクになっててなんとな~く腫れている感じがして診てもらいました。

 やはり外傷!

 2日ほど前にお留守番でゲージに入ってもらった時に牧草の箱をガンガン持上げて暴れていたんです。
 きっとその時に当たったんでしょう~(ーー;)

 はい、すぐに箱ではなくくりつけるタイプを買いました(-_-;)

 眼球も内側もなんともなかったので良かったですけど・・・。
 物の設置、使い方一つでもケガをさせてしまうこともあるんですよね。

 更に神経質になっちゃいそうです。
 自分のことにはと~んとズボラなのに(苦笑)

 でもでも、病院から帰宅後、早くに回復してくれたし次の日も今日も超元気なので救われています。
 痛い思いさせちゃったけど、まずは健康だとわかったので笑顔で明日のお誕生日を迎えたいなって思います。

 
by best-bplace | 2011-12-14 11:26 | みみちゃん