Thank You 2011*大晦日のひとりごと*

 今日で今年も終わりですね。
 我家はの~んびり年越しの予定でブログを書いたらお風呂に入って紅白をゆっくり見ようと思っています♪


 
e0166066_174264.jpg


 明日からの2012年は「みみちゃんカレンダー」でスタートします(*^^)v
 いろ~んな想いを込めてみみちゃんカレンダー、作りました。
 毎月の絵に込めた想いはその月の始めに紹介していこうと想います。

 カレンダーを作ったのは今年は本当に色んなことがあって辛い気持ちにもいっぱいなったから。
 来年はたくさん笑っていられるようにという思いを込めてオーダーしました。

 今年はなんといっても東日本大震災が私の中ではショックな出来事でした。
 色んな表現がありますが、私の中ではどの状況もショックという事場がぴったりでした。
 札幌でもあんなに大きな揺れは初めてと言っても過言ではないと思います。

 最初にニュースで津波の様子を見たときは驚いているパパにびっくりしました。
 現実としては受入れがたい映像だったからです。

 4日間ほど家からでず、5日目にお友達と会った時は涙が出ました。

 家族と毎日一緒にいること、友達と会いたいと思ったときに会えるということ、何一つとっても当たり前のことではない心から感謝するべきことなんだとものすごく思いました。

 そして4月。
 義理のお父様が他界しました。

 この時に感じたことは、夫婦ふたりでいる時には何も問題が発生しなくとも、かかわる人が増えてくれば増えるほど不要なケンカが夫婦の間に発生するんだなということでした。

 パパは長男なので色々やることも多く疲れている。
 私は勝手がわからずにただただ疲れる。

 もう一つ言えば、やっぱり高齢化社会なんだと親戚が集まるとすごく感じるし、年齢差があればあったで理解し合うのが大変だったり、気疲れもする。
 でも相手の家のことなのでうるさく口も挟みたくないし、それでケンカになるのはもっとイヤ。

 自分の母親が他界した時よりも色んなことを考え、思い、悩んだ春でした。


 
e0166066_17495638.jpg


 だけど、どんなに嫌なことがあっても辛いことがあっても、やってらんない!と思っても、でもでも、やっぱりみみちゃんがいてくれたおかげで乗り切れたことがいっぱいありました。
 私の心に変化があっても何があっても、みみちゃんは毎日変わらず私を見てくれます。
 毎日変わらず、甘えてくれて、笑わせてくれて、「感謝」の気持ちを思いださせてくれて私を我に返らせてくれます。

 そんなみみちゃんに感謝しないで何をすれというのか?と日々思うのでした。

 秋になってちょっと気持ちに余裕が出来たとき、家族で近くのテーマパークにいきました。
 そこではうさぎがいっぱいいます。
 赤ちゃんうさぎから親うさぎまで狭い小屋の中で、観光客に「可愛い、可愛い!」といわれて毎日を過ごしているうさちゃん達です。

 こういう場面に出くわすと「みんな連れて返りたい!」と思います。
 秋の後半、寒い時期だったので夜はどうしているんだろうとか考えだしたら止まりません。
 でも所詮無理な話です。
 私には出来ない、無理な話です。

 その時にふっと思いました。

 「みみちゃんをしっかり大切にしよう!」と。

 そしてもう一つ思いました。
 被災地への支援はなかなか出来ません。
 だけど、まずは「自分のところから」ということを大切に生きていこうと。

 全部のうさちゃんを連れて帰ってこれない、最後まで面倒を見れないのと同じように被災地全ての方に支援することは私一人の力ではもちろん無理です。
 毎月決まった金額を募金できるかというとそれもやっぱり無理なことになります。

 でも、出来ないことばかり考える前にもっと大切なことがあるなと思いました。

 まずは、自分の家族をしっかり愛し守ること。
 自分達の生活を安定させること。

 その基本の基盤がしっかり出来ていないとボランティアも支援も長続きせずに自分の気力も財力も続かなく結果としては支援するつもりが迷惑をかけるということにもなってしまうかもしれない。

 自分の仕事を全うしよう。

 毎日を生活に感謝しながら取組もう。

 大切な人を心から大切にしよう。

 大切なお金も大切に使おう。


 そして、まずは自分から幸せになっていこう(●^o^●)

 自分が笑顔でなければ人を助けるとか、幸せにしたいとか思っても出来ない話です。
 
 歯がゆくなることも、早く復興してほしいとただ願うことしか出来ないことにもいらだつこともありますが、でもでも「まずは自分から」しっかり地に足をつけて生きていこう。


 そんなことを考えた秋でした。

 
e0166066_17585699.jpg


 そして、1月から体調管理を頑張ってきましたが、毎日コツコツ頑張って20キロちょっとやせることができました。

 私が太ったのはもちろん食べすぎもありますが、その原因は鬱々とした気持ちからでした。
 
 外に出たくない、人と会いたくないという時期が約2年ほどありました。
 それを救ってくれたのはうさ友さんから紅茶教室に誘ってもらったことがきっかけでした。

 おかげで、悪い人ばかりじゃないんだと思えたり、人と会うと楽しいこともあると思えるようにもなりました。

 それまでは、仕事でもプライベートでも人と会う約束をするとそれがプレッシャーになって当日まで緊張が続く。
 人と会った場面を想像しては自分が嫌われるんじゃないかとか悪いことばかり考えてしまう。
 何かよくないことがあると全部「私のせいだ」と思って生きていること自体が辛くなってしまう。

 そしてそう思ってしまう自分は親として失格なんじゃないか。
 奥さんとして失格なんじゃないかと思い、また凹む。

 凹むと益々人と会えなくなる。

 そんな毎日から抜け出したくて、体調も良くなりたくて今年一年いっぱい頑張りました。
 根気よく付合っていつも褒めてくれた主治医の先生には心から感謝です。

 やせなさいではなく、やせれる体、運動できる体にしていこうねと言い続けてくれました。
 今は「僕の患者さんの中で一番成果が出ているよ!」と「一番」をつけてほめてくれます。

 やせるのと、体調がよくなっていくのとどちらが先だったかは今ではわかりませんが、鬱々とした気分がとれただけでも本当に今は幸せです(●^o^●)

 外出するのも楽しくなりました。
 嫌なことがあっても「仕方がない」とか「私だけが悪かったわけじゃないんだ」と少しゆるく考えられるようにもなってきました。


 明日からはもっともっと笑っていられる毎日にしたいなと思います!(^^)!


 
e0166066_1862756.jpg


 今日は今年の「なでこ納め」をして、明日からもみみちゃんとハッピーな毎日を過ごしていきたいなと思います。

 きっと色んなことがあると思います。
 辛いこともゼロではないと思います。

 でも受け流したり、受けとめたり、自由自在に出来る強い心をもって2012年を暮らしていきたいなと思うのでした(^^♪


 明日からもどうぞ、よろしくお願い致しますm(__)m


 大晦日の夜に   みみ@ママ
by best-bplace | 2011-12-31 18:08 | みみちゃん