とうとう・・・夢は叶わず・・・

 息子は明日からテストです。
 もう高校生活最後のテスト。

 出る範囲が大学入試の範囲バリバリってことで真剣に取り組んでいます。
 過去に一度世界史では100点をとったことがあるので、またトライするみたいです。
 100点採った時は先生がハグしてくれたんだそうです(笑)(〃^∇^)o_彡☆
 もしもまた100点だったら今度はチューでもされたりして・・・。

 それはいいとして。

 高校生活3年間、一度も一緒に個人懇談に息子は出てくれませんでした。
 担任の先生は「お母さんの前でいっぱいほめたい!」と言ってくれていて、私も「いっぱいほめられて有頂天になりたい!!」と思ってました。

 中学の一番最初の懇談が思えば最悪でした。
 息子の問題点をずらーーーーーっと30個近く言われ「反省文、5つぐらいたまっているんですよ。」、「この前は”約束”っていう字を原稿用紙に5枚書かせました。」とか「オオカミと少年の話をしたんです、あまりに約束を守らないので。」と言われて撃沈しました。
 その後、2回だけ受験のために3者懇談には出ましたが、息子は本音では出たくなかっただろうと思います。

 高校に入って、診断がついて、先生の理解も得られていい生活を送るようになったけど、1年の時も2年の時も、そして3年の時も3者懇談は叶いませんでした。
 担任の先生はこの2学期の最後、年末に是非と思ってくれていたのですが、息子は一言「嫌だ!」と言います。
 ちゃんと「KUMIKOとお母さんでちゃんと話してくれるからいいしょ。」と言うんですけどね。

 出来れば、一緒に最初で最後、ほめ殺しの懇談を一緒に受けたかったです(泣)

 何度か言ってみたんですけどね、「いっぱいほめたいから3人で懇談したいって言ってたよ。」って。
 
 過去の懇談の嫌な思い出もあるけど、いっぱいほめられちゃったら私が大泣きするのがわかっているから照れくさいのもあるのかな~(T_T)/~~~

 大きくなっても、何歳になっても我が子がほめられるのは嬉しいですよね。
 特に先生は「中学校の先生の前に連れていってこんなに立派になったと見せてやりたい!」といつも言ってくれます。
 ちょっと心を寄せて、その子をしっかりと見て対話すれば問題児なんかなじゃなくなるのにと言ってくれます。

 その言葉だけで十分なんですけどね。

 私にとっても頑張ってきた3年間だったので、親子共々認めてもらえたら嬉しいなって想いがどこかにあります。
 
 受験シーズンで、障害手帳とか診断書の整理をしていたら息子の高校受験の時の写真が出てきました。
 どこか顔がひきついっていて自信のなさそうな表情です。
 この頃、なんで息子との毎日がうまくいかないんだろうと悩んで、私もおかしくなっていたな~と思い出しました。

 ひどい言葉もいっぱい言いました。
 私は「お母さん」と呼んでもらえない日がくるんじゃないかと思うぐらい毎日怒り、怒鳴り、わめいていました。
 息子が友達の家に遊びに行くとほっとしていた自分がいました。
 今のように、友達がしょっちゅう来てくれて、友達も含めてご近所さんと一緒にご飯を食べたり誕生日を祝ったりしているのが本当に夢のようです。
 
 どんなに息子に「頑張ったね!」と言っても足りないぐらい息子は頑張って今まで生きてきました。
 やっと自分をまるごと受け止めてくれる先生と出会って3年間楽しい高校生活を送りました。
 どうやってこの3年間の頑張りに対してほめたい気持ちを息子に伝えてあげたらいいのかなって考えます。 
 担任の先生と話してきたことをこの先、ちょっとづつ小出しにしながら伝えていくことが一番いいんでしょうか。

 3者懇談の夢は叶わなかったけど、卒業式には一緒に写真ぐらいは撮りたいです。
 (ささやかだけどデカイ夢ですよね(笑))(*`・ω・´*)ゝ

 
 
e0166066_1812622.jpg


 

 
by best-bplace | 2008-12-01 18:12