他の時間に楽をしよう!

 息子のセンター試験まであと1ヶ月ちょっととなりました。
 最近はやればやるほど模試の結果も上がってくるからか、勉強をすることに充実感を得ているようです。
 それはいいのですが、試験が近づいて不安も一層強くなっているようです。
 息子の場合、「寝るのが不安だ!」と言います。
 勉強している・してないにかかわらずに夜中まで起きていることで安心をちょっとは得ているみたいです。

 でも、親は朝が大変です(涙)

 夜中に布団にもぐりこんできたり、朝はくすぐっても何しても起きないし、高校の単位の方もギリギリなので先生からは毎朝faxがきます。
 今は悩みがあるなしに関わらず、寝ない・起きれない・朝は大変という構図になってしまっています。

 自立支援センターの先生と話をする機会があったので相談してみました。
 こんなに朝おきれなかったりすると、本番の時に集中力も出ないんじゃないかな~とか心配にもなるので。

 先生は、最初に「当日は朝、起きて行くと思いますか?」と私に聞いてきました。
 センター試験は必ず受けに行くと思うので私の答えは「はい。」です。
 先生は「当日絶対起きれないと思うなら手立てが必要だけど、起きれると思うなら信じてあげましょう。」と言いました。

 「きっと、不安なんですよ。発達障害の有無に関係なく受験て不安なものです。その不安を解消するために夜中まで起きるというのが息子さんのやり方なんじゃないですか。その不安に寄り添ってあげてください。」ということでした。

 不安なときにいくら寝なさいと言われても寝れないですよね。
 この場合は、寝ない事が問題なんじゃんくて、どのぐらい不安かを周りが理解することが大事だってことですよね。

 他にも「朝は本当に起こすのが一苦労なんです。」と言うお母さんが多くいます。
 先生は「24時間のうち、大変なのは朝だけなんだからいいじゃないですか。」って言ってました。
 永遠に朝の時間が続くわけじゃなくて、学校に行かせてしまえばお母さんの役目は終わりますよね?と。
 そういわれるとその通り。
 けど、朝だから余計にこっちも腹が立ってくるんですよね、忙しいから。

 でも先生は「どこかに大変なところがあってもいいじゃないですか。」って言ってました。
 子供達は学校に行ってから頑張ればいいんであって、行くまでを頑張らなくてもいいでしょうと。
 
 そして「朝は絶対不機嫌だ!」「なかなか起こしても起きない!」これをベースに考えるといいんじゃないですかって言ってました。
 機嫌の悪いところをなんとかしようと思わないこと。
 ベースをしっかり意識して、いい時を比べない事が大切なんだそうです。

 私もとりあえず、センターまでは1ヶ月ちょっと。
 息子と大変な時を寄り添って、応援しながら、時にはブチ切れながら共に過ごそうと思えました。

 母、頑張ります!!

 
e0166066_12261729.jpg



 
by best-bplace | 2008-12-14 12:41