朝ノートと10のmenu

 2009年がstartしてから毎日やっていることは「朝ノート」をつけることです。
 毎朝起きたらノートに日付けと天気を書いて、朝起きてすぐ思ったことを書きます。
 そしてその日にやらなきゃいけないこと、やりたいことを箇条書きにして一日の準備をします。
 これは中山庸子さんという方の本を読んで始めました。

 やり始めて「本当だ!」と思ったのは、一日の”下ごしらえ”を朝のうちにやっておくと、けっこう嫌だなとか面倒だなと思うことがすんなり終わったり、いい意味で自分の気持ちがコントロールできるということです。
 中山さんの本の中に「自分の暮らしの”芯”になる部分をしっかり維持していくためには「いいイメージ」を、もって一日をstartさせることが大切」と書かれてあります。
 また「時間と自分をコントロールできないままでは決していい仕事は出来ない!」とも書いてあります。

 私は元々スケジュール管理とか手帳管理は得意だし好きなほうでした。
 でもそれをやる時間を「朝」にもってくることで、朝のうちに大方その日の大事な事が段取りがついて終わりに近づくということを朝に変えて実感している毎日です。
 中山さん曰く「朝のうちにプレッシャーから開放されればその日は勝ったも同然!」とのこと。
 まさしくそうです。

 
e0166066_9234560.jpg


 そしてこの生活時間を管理するということは自分のコンディションを知るということにもなり、「今日は無理をしないでおこう」とか「そろそろダウンしそうだから面倒なことは今日やってしまおう」とかメリハリつけることも出来るのでおすすめです。

 そして、私がまた再スタートしたのが「自分を見たす10のmenu」の実践です。
 これは大好きな中野裕弓さんの本の中に出てくるものです。
 自分で自分を満たそう、そのために毎日順番に自分を満たすことをやりましょうというものです。
 ただしこれは自分で出来ることに限られています。
 人にやってもらうなど人に頼る物はダメです。
 私は2009年、新しい年になったのでmenuもちょっと変えてみました。

 1、おいしいお茶か珈琲をゆっくり飲む

 2、新しいレシピを探す、又は作ってみる

 3、mailやfileの整理をする(PC,携帯)

 4、お花をかざる、または楽しむ

 5、入浴剤で楽しんでパックをする

 6、お気にりの本を読む

 7、いらない物を捨てる、または気になるところを片付ける

 8、読みたいな~と思う本を探す

 9、Cafeに行く

 10、家事をちょっと手抜きする

 これ、本当に不思議なんですけど、朝ノートにその日のmenuを書きますが、一日の中でその日のmenuがなんだったか忘れることもしばしばあります。
 でも、たとえば、「読みたいな~思う本を探す」というmenuの日も夜まで探す時間がありませんでした。
 でも寝るときにパパが貸してくれた本には「成功している人が読んでいるおすすめの本」という特集記事が載っていて、読みたいなって思う本がそこでみつかりました。
 「美味しいお茶か珈琲を飲む」という日も、お友達から美味しかったとお茶のおすそ分けをしてもらったり。
 自分で決めるmenuというのはきっと本来自分に備わっているそういう巡り合わせというかサイクルにきっと合っているんだと実感しました。
 しかも10かに一度というのもすごくいいんだと思います。
 mailやfileの整理も10日ごとだと仕事の振り返りにもなってとっても便利です。
 
 ちなみに昨日はmenuとは関係ないですが「朝ノート」の中に”楽しいことを探す”ということを入れてみました。
 すると、夕方、娘が帰ってきてから先生がコピーしてくれたとミスチルの新しいアルバムを聴く事が出来て、お友達のアナウンサーの方のラジオ番組の放送日でもあったので一緒に聴いて早々に来週のリクエストを入れました。
 それに飽き足らず、娘がおすすめの曲をいっぱいネットで探して教えてくれて急遽「音楽」でたのしいことをいっぱい出来ちゃいました。

 
e0166066_929428.jpg


 中野さんは「現実は想いが引き寄せる」と言っています。
 中山さんも「人は”想い描いたこと”を手に入れる」と言っています。

 想いは現実になっていくんですね。
 小さいことからそれを実感していく、それがきっと大切なんだろうと思います。

 そうそう、朝ノートは休日にたな卸しをします。
 出来なったことはもうやらなくていいのか、来週にまわすのか、どう扱うか再構築するもの、もうやらなくても良くなったものなどを整理します。
 それからやってきたことを振り返ってそこにプラスでコメントもいれていくと、頑張ったことには1つ2つプラスで楽しかったことや良かったことがくっついていたこともわかります。

 そして、この振り返りや評価は、ほとんどのことは自己評価でいい、他人にやってもらわなくてもいいってことで「自分てけっこうやれてるじゃん!」と自分で思えていけることがまた、いいんですね!
e0166066_9353690.jpg


 

 
by best-bplace | 2009-01-29 09:37 | best@place