1月も終わりですねっ

 今日で1月も終わりですね。
 今年が始まって早、1ヶ月です。

 
e0166066_234049.jpg


 「朝ノート」をつけて、「自分を満たす10のmenu」を再開して、体調はともかくとして気持ちのコントロールが大分出来るようになってきました。
 でも、まだ人と会ったりかかわったりするのが怖いな~と思う私です。

 色んな考えがあって、色んな人がいるのもわかるし、悪気がないのに相手を傷つける人も不愉快な想いをさせる人がいるのもわかります。
 わかるのですが、去年から立て続けにそういう事があったのでなんだか積極的になれません。

 本当は2年前にblogを始めた時は、息子と娘の発達障害がわかったことで家族で変われたこと、良かったこと、喜べたこと、その逆の事などを通して一人でも発達障害を多くの人に理解してもらうことが目的でした。
 啓蒙活動として自分に出来ることをやりたいと思いました。
 でも、それはとっても難しいことです。
 一番難しいのは人とかかわりながらそういう気持ちを「持続させる」ことだと実感しています。

 今も啓蒙活動したい気持ちは変わりありません。
 私もパパも子供を通して体験したこと、学んだ事は本当に宝となっています。
 子供とのかかわりに悩んでいる方のちょっとでも希望になるなら、体験したこともすすんで話したいとさえ思っています。

 でもでも、その前には人と人との関係があり、それが今、大きな壁になっています。

 
e0166066_239184.jpg


 中野裕弓さんの本の中に自分を中心に人との関係をバームイクーヘンのように3つの同心円を描いてあらわす方法があります。
 自分がもちろん中心にいます。
 その自分に一番近い円は「安心して泣き言が言える”心友ゾーン”」。
 その外側が「会社の同僚、同級生、趣味の仲間などの”友達ゾーン”」。
 次が「友達ほどの仲ではないけれど会えば挨拶する関係や仕事で紹介された人などの”知り合いゾーン”」。

 このように分けるのだそうです。

 外側のもっと外側は「まだ知らない人ゾーン」。

 自分から距離の遠い人のことで悩んだり傷ついたりするのはエネルギーの無駄ですよっていうことです。
 悲しかったり傷ついている最中はこれが冷静に考えられないんですよね。
 私は最近ノートに書いてみました。
 するとちょっとだけ心が軽くなりました。
 相手によって距離感を変える・・・前はこれがなかなか出来ませんでした。
 いつも誰にでも全力投球でした。
 今、きっと、その変化に対して色んなものが噴出している状態なのかもしれません。

 いつだったか、娘が「私にはパパもママも、兄ちゃんも、K先生も、病院のA先生も、今は数学を教えてくれるK/S先生もいる!私ってすごい!小さい事が気にならなくなるかも!!」って言いました。
 同級生にはなかなか娘と合う人がいないかもしれないけど、年下なら、年上ならいるかもしれない。
 本当に安心して泣き言を言えるのは同年代とは限らない。

 学校を卒業したら本当に色んな出会いもありますもんね。

 私も今年はそういうことをもっと感じられる一年にしたいなって思います。

 
e0166066_23202979.jpg

by best-bplace | 2009-01-31 23:21 | 想うこと