カテゴリ:みみちゃん闘病記録( 65 )

 昨日まで不規則的でしたが今朝はみみちゃん夜中に起きずに6時前に起床!(^^)!
 ふっくらツヤツヤの盲腸便を出してくれて朝からHappyです♪

 昨日は傷の様子を見せに通院でした。
 
 
e0166066_819037.jpg


 ここはどこでちゅか?

 
e0166066_8191435.jpg


 お!
 この声は!!

 
e0166066_8201784.jpg


 早くいきまちょう~~~(●^o^●)

 
e0166066_8204753.jpg


 もうおでぶじゃないでちゅからね!
 体重測定、嫌じゃないでちゅよ!!

 2570gでした。
 腹巻とったらもうちょっと少ないかな?

 前日には2900gあったので約400g、それだけ大きな腫瘍があったのだと思うとまた涙が出ちゃいました。

 
e0166066_8221645.jpg


 傷を気にせず、腹巻もかじらなかったみみちゃんに先生も看護師さんも「おぉ~~~」と(笑)
 日頃のやんちゃぶりを知ってるのでじっとしてないと思っていたことと思います。

 が、みみちゃんは超いいこちゃんなんです(●^o^●)

 
e0166066_8234057.jpg


 覚悟はしていたのですが想像以上に傷は大きかったです。
 11針ぬったのだそうです。
 
 ゆずちゃんと一緒に行ったのですが最初は二人で言葉が出てきませんでした。

 でもでもすぐに、「みみちゃんすごいね!」と。
 こんなに大きな手術に頑張ったの超すごいと絶賛!

 親バカきちがいぶりを診察室でやっちゃいましたヽ(^。^)ノ

 10日が病理検査の結果を聞くのと抜糸の予定です。
 傷が大きいので抜糸が終わっても腹巻継続です。
 大丈夫かな~?

 素人考えで、動物って傷はなめて治すのかと思っていましたが違うんですね。
 なめてばい菌はいることの方が多いからなめるのは絶対にNGなんだと教えられました。
 なめてる延長でかじってはもっと大変ですよね。

 あ~~~~知らないって怖い!
 無知をさらしてしまった!

 
e0166066_8272143.jpg


 処置が終わると、なんと先生の足をホリホリ!

 え?
 と思っていると看護師さんのおひざの上におっちゃんこ!(^^)!

 「嫌なこと、痛いことしかしてないからな~」って先生ちょっと悲しそうでした。

 看護師さんのおひざの上にしばらくいましたよ!

 
e0166066_8284063.jpg


 はい、決めポーズでちゅっ!

 
e0166066_8331960.jpg


 あ、すみまちぇん。
 ちょっと手をのせさせてくだちゃい。

 やり直し~

 
e0166066_8335864.jpg


 決まったでちゅよ!

 どうでちゅか?

 
e0166066_8342624.jpg


 写真は全てゆずちゃんが撮りました。

 パー子の娘は「超パー子」でして、連写でたっくさん撮ってました。
 みんな笑ってました(●^o^●)

 そんだけみみちゃんを愛しているのね~♪

 
e0166066_8351783.jpg


 お顔ふきふき、8割方戻ってきてます~(●^o^●)
 さらしのように腹巻のしたはぐるぐる巻きになっているので届きにくいのよね。

 
e0166066_836277.jpg


 背中はもうちょっと!

 手術前というか、ちょっとお腹の感じが気になっていた頃、前にも書きましたが朝いちばんに大きな盲腸便のような糞をしていました。
 普通の●ちゃんの状態の時にちょっとくさい時があって、「おなら?」と思うこともあったり。

 大きな糞に関しては、盲腸便から普通の糞への切替えがうまくいかないとか、食事内容だったりとかの影響じゃないかな?と先生に言われて様子を見てきました。
 
 でもそのちょっとした「?」が術後は全くありません。
 大きな腫瘍が盲腸の方を圧迫していてそれらのことを引き起こしていたのかな?と思っています。

 今はトイレを見るのがとっても楽しいです(●^o^●)

 今思えば・・・という事の中には、4歳(去年の12月)の誕生日を過ぎたあたりからペレットの一気食いがなくなりました。
 それまでは瞬殺食べだったのが時間をおいてまた食べる~という具合。
 でも牧草はいっぱい食べていたのでそれも気分かな?と言われいました。

 あとはジャンプが減少しました。
 タンポポもらう時などダッシュはするけどお得意のひねりジャンプとかが極端になくなって、なのでたまにジャンプするとキャーキャー言ってました。

 私がなんとなく「?」と思ったのはこのようなことでした。

 最終的には術前の爪切りの時に増えた体重を見て「ええ~~~~!」となったのが決め手というか、調べてもらおうと強く想った動機です。

 結果的に破裂することなくちゃんと摘出出来て良かったですが、色んなことを考えたらいつから体が重かったのかな?とか考えちゃいます。

 やっぱり体重や日常の動作のチェックも大切ですね。

 
e0166066_8423872.jpg


 ブログに手術をしたことを載せて、たくさんの励ましの言葉と元気玉を頂きました!
 しばらく連絡をとってなかったお友達からもmailがきたり。
 びっくりさせてしまって本当にごめんなさい。

 色んな方とやりとり出来ているのもみみちゃんが繋いでくれた「縁」だと思っています。
 みんな元気が一番いいですが、お友達に何かあった時はみみちゃんfamilyから熱い熱い元気玉を送りますので(●^o^●)

 みみちゃんは由美ちゃんちの子になって幸せだよって言葉がすごく励みになりました。
 どちから一方だけが幸せってことはないと思うという言葉に感激しました。
 私が幸せを感じる時、みみちゃんもイコールだって思えてきました。
 
 *ありがとうございます*


 みみちゃんの摘出した腫瘍や傷の写真は撮ってあります。
 ブログなどには掲載しませんが、もし愛兎ちゃんが手術するとか同じように腫瘍があるかもしれないとか、術後のことの参考にしたいとかってことがありましたらmailで対応します。
 気軽に声かけてください。

 mimimama1215★gmail.com

 ★を@に変えてくださいね!

 
e0166066_836211.jpg


 朝からもりもり●ちゃんを見せてくれているみみちゃん。
 今日は暑くなりそうなので気をつけながら楽しく過ごします(●^o^●)
by best-bplace | 2013-08-06 08:49 | みみちゃん闘病記録

 本日2本目の記事です♪

 術後4日目、昨日の分です。

 
e0166066_717931.jpg


 昨日は朝4時半前にホリホリの音で起こされました。
 ゲージから出すとトイレに。

 *みみちゃんはゲージの中で絶対におちっこしないのでゲージにおトイレ設置しないで寝かせてます*

 トイレにいくとツヤツヤふっくらのいい盲腸便をまずは出しました。
 うさぎは夜明け前に出すって本当なのかな?

 モリモリ食べてなでこの要求(笑)

 
e0166066_7183587.jpg


 お腹くっつけて寝るのは大丈夫ですね!

 このあと、術後初のゴロンチョをしました!!

 
e0166066_719510.jpg


 軽めのうたっちもするよ!

 
e0166066_7192077.jpg


 野菜もパクパク♪

 
e0166066_719389.jpg


 もちろんヘチマちゃんもパクパク♪

 昨日は寝る時間も少なくなってゲージに入れるとわらっこマットをかじってほって超元気!
 あまりに元気すぎるので夕方にはお灸を貼ったほど!

 
e0166066_7203696.jpg


 背中にはなかなか届きません。

 食欲はものすごくて、おやつをあげる時は身をのりだしてフゴフゴ言います。
 すごいよ、みみちゃん(●^o^●)

 
e0166066_7211644.jpg


 台の下にもぐってこんな顔も!

 
e0166066_7213879.jpg


 気持ち良さそう~に寝てると嬉しくなります♪

 
e0166066_722021.jpg


 お顔ふきふき頑張ります(●^o^●)

 
e0166066_7221759.jpg


 ティモテは片手です、まだ。

 
e0166066_7223970.jpg


 お灸貼られた子(笑)

 
e0166066_723519.jpg


 眠いのに頑張る子(笑)

 
e0166066_7232944.jpg


 ずっと術後の記録を書いていたのですが、●ちゃんとおちっこは昨日の午後から記録するのをやめました。
 それだけ順調なので。


 順調すぎて・・・


 昨夜、ゲージに入ってもらって電気を消して~夜中の1時ごろドアをガリゴリする音で起こされました~。

 おちっこかな?と思って出すとおトイレへ。

 金網にあたる●ちゃんの音がポロ~ン、ポロ~ンと・・・ずっと・・・聞こえ続けます・・・。

 たぶん、70個は出したと思います(*^_^*)
 キラキラな目で私を見ながらずっとポロ~ン(笑)

 途中、気配で起きたパパは「お前、大丈夫か?」だって。

 眠くてちょっとフラフラしていたけどこ~んなに元気な●ちゃん嬉しいなってことで音に酔いしれてもいましたよ。
 眠かったけどね~。

 出すだけ出したらスッキリしたのか寝てくれました。
 それでも今朝は6時前には起こされましたが、盲腸便を拾ってあげるためには起きねばなりません!

 今週はゴミ当番なのですがみみちゃんのおかげでパーフェクトに頑張れそうです(●^o^●)

 今日は通院日!
 いっぱい食べて出して、機嫌良くて、腹巻をかじらなかったみみちゃんです。
 いっぱいほめてもらえるかな?

 
e0166066_7282189.jpg


 *続く*
by best-bplace | 2013-08-05 07:28 | みみちゃん闘病記録

 すがすがしい朝ですね!
 今日で5日目です。
 傷を診てもらうのに通院日です!(^^)!
 おかげさまで腹巻の効果なのか傷を気にする様子がなかったのが嬉しいです。
 もっと大変だと思っていたのですが、みみちゃんはおりこうさんです♪

 
e0166066_715494.jpg


 3日目はめまぐるしく回復ぶりがわかる1日でした!(^^)!

 朝からモグモグです♪

 
e0166066_731333.jpg


 生牧草は体を起こして食べます。
 傷、痛くないのかな~って何度も思いました。

 
e0166066_735144.jpg


 真上から見たみみちゃん。
 ものすごくスリムになりました!

 
e0166066_741555.jpg


 どちらかというと、下半身の調子の方が悪かったみたいでお腹から上は元気っていう様子でした。
 歩き方がおそるおそるだったり、猫歩きだったり。

 
e0166066_752161.jpg


 大好きなヘチマもいっぱい食べました~(●^o^●)

 
e0166066_764288.jpg


 遊んで食べて寝ます♪
 薬もちゃんと飲んでくれるので助かります。

 
e0166066_772441.jpg


 午後から急に元気度がアップして、わらマットをかじったあとはひっくり返してこの通り(笑)

 
e0166066_78148.jpg


 牧草は普通に食べるようになったし葛の葉とかおやつも食べます。
 でもペレットには食いつき悪くてこんな顔!

 美味しく感じないのかな?

 
e0166066_785128.jpg


 トイレしてお水飲んだら自分からゲージに戻ります。
 たまに顔をつけてみたりね!

 
e0166066_792337.jpg


 パパとゆずちゃんが直売所に行ってくれました(*^^)v

 
e0166066_795096.jpg


 小松菜から~のパセリ!
 青梗菜も食べました!

 
e0166066_7101472.jpg


 また寝ます~(●^o^●)

 
e0166066_7103190.jpg


 3日目の夕方から動きもかなり良くなってぎこちないですが両手でお顔ふきふきが出来るようになってきました。

 
e0166066_711655.jpg


 お腹に力が入らないんですよね。

 
e0166066_7113555.jpg


 足が口に届くようにもなりました!

 
e0166066_7115537.jpg


 一つ出来ることが増えるたびに回復ボタンが押さるのかな~食欲が急にアップ!
 ポリポリいい音がず~~~~ッと聞こえてました。

 3日目に術後初の盲腸便も出ましたヽ(^。^)ノ

 もちろん、お顔が届きません。
 なので拾って口元にもっていきます。
 術前に比べるとふっくらでツヤツヤのいい盲腸便で大感動!!
 手から食べてくれるみみちゃん、超可愛い(●^o^●)

 あ、私、みみちゃんの糞もちっこも素手で平気です(^^♪

 
e0166066_7135136.jpg


 ドヤ顔で食べてくれるのでした。

 夜はカピバラのぬいぐるみに顔をのっけて可愛いお顔で寝てくれました(●^o^●)

 *続く*
by best-bplace | 2013-08-05 07:14 | みみちゃん闘病記録

 *術後4日目のみみちゃん、とっても元気です(●^o^●)今朝は4時からわらっこマットをホリホリする音で目が覚めました*

 術後帰宅してからの記録を書いておきます。

 
e0166066_7622.jpg


 病院ではみんなが寝る時間ぐらいには普通に歩けていると思いますよと言われて帰宅しました。

 あまりのヨロヨロさにびっくりしましたがしばらく抱っこで落ち着いてもらってゲージの中で寝てもらいました。
 あとで撤去しましたが段差はしばらく無理なのでかまくらハウスもみみちゃんベット(いつもより低くはしていた)は当分必要なさそうでした。

 
e0166066_774384.jpg


 体をタオルなどで固定してあげると楽そうでした。

 
e0166066_78444.jpg


 私が考えていた以上にすぐにお水を飲んでくれました。

 
e0166066_782960.jpg


 乾燥パセリだけぱくっと食べました。

 
e0166066_79029.jpg


 麻酔が効いているうちはそんなに痛みがないのかゲージから出たがります。
 疲れない程度に。

 
e0166066_79341.jpg


 喉が渇いているのかお水は本当に沢山飲みました。
 飲みづらそうだったので指に水をつけて口にもっていくとたくさんなめて水分補給していました。
 この後何度もそうしたので指がふにゃふにゃになりましたが(笑)

 
e0166066_7104830.jpg


 完全に麻酔が抜けきらないのかしばらくぼーっとしたりする時間が長いので声掛けして気をそらせたりしました。

 
e0166066_7114745.jpg


 トイレにいきたがります。
 おちっこもすぐに出ました!
 最初のおちっこはマットの上でしましたが、家族みんなで大喜び!(^^)!
 出るだけで嬉しい!

 ●ちゃんも3つほどして、また大歓声!!

 
e0166066_7125496.jpg


 葛の葉にとっても食いつきが良かったです!

 
e0166066_7132069.jpg


 なでこは喜ぶのでとにかく沢山!

 
e0166066_7134743.jpg


 パパもゆずちゃんも「みみちゃん、よく頑張ったね~」とほめたたえながらのロングなでこです♪

 
e0166066_7142263.jpg


 寝てる時間が長いので時々お水を口元にもっていきました。

 
e0166066_7145113.jpg


 2日目です。
 翌日の方が寝ている時間が長かったです。

 あまりに食べない気がするので心配になり、ゆずちゃんがスイカを買いにお店まで走りました。

 
e0166066_7154695.jpg


 口あたりがいいのかいい音をさせながら3切れ食べました♪

 
e0166066_7161419.jpg


 たまにお腹を下につけて寝たりも出来ています。

 
e0166066_7163868.jpg


 みみちゃん、お薬を上手に飲んでくれるので助かっています。
 薬を飲んだあとはぐっすり寝ました。
 ペットヒーターとハーブマットで温めて。
 室内はちょっと湿度が高い日だったのでエアコンのドライを使い、窓もちょっとあけながら調節しました。

 
e0166066_7175871.jpg


 牧草もポリポリ食べます(●^o^●)

 
e0166066_718199.jpg


 2日は札幌で唯一のうさぎ専門店「ゆめみるうさぎ」さんで生牧草が販売される日でした。
 パパにクーラーバックを持たせてお願い。
 3束買ってきてとお願いしたけど、本当はもっと欲しいな~でも買占めるのって不謹慎?と思ってましたが店長さんがまだあるからいいよって言ってくれたとのことで6束買ってきてくれました。

 やっぱり食いつきいいですよね!

 「パパ、いい仕事したでちゅね!」というようなお顔でシャクシャクいっぱい食べました。

 
e0166066_7202278.jpg


 翌日の夜にはヘチマちゃんで遊ぶ余裕も見せてました。

 術後すぐに毛づくろいはしたいみたいで、でも後脚だけで立つのが難しいのでタイミング見て支えてあげました。
 嫌がらずに支えられた姿勢でお顔ふきふきしました。
 でも翌日の夕方には両手で自分でふきふきできました。
 
 前脚で耳をかいたり、後ろ脚を伸ばすことは2日めまでは無理でした。
 
 ペレットには全く興味を示さずでした。

 乾燥人参、人参葉、葛の葉、クランベリー、スイカ、カモミール、びわの葉あたりを食べてくれました。
 色々なおやつを用意しておいて良かったです。

 ペットヒーターは最初は下におきましたが横にたてかけたほうがくっついて寝ました。
 ハーブマットも気持ち良さそうでした。

 3日目からは嫌がってますが翌日まで抱っこでゲージに戻すのもOKでしたが、ものすごくみみちゃんが軽くなって驚きました。

 おたる水族館で買ったカピバラのぬいぐるみは顔をのせるのに丁度良いみたいで用意したものの中でも良かったものでした。

 頭がまだちゃんと回ってないのですが、だいたい術後から2日目の様子はこんな感じでした。

 
e0166066_728267.jpg

 
 みみちゃんは沢山不便を感じてる様子でしたが、何よりも目がキラキラしていたのでどんどん回復していくだろうと思えたのが何よりでした。

 
by best-bplace | 2013-08-04 07:29 | みみちゃん闘病記録

 書こうか書かないか迷って悩んでいましたが落ち着いてきたので書くことにします。
 実は、みみちゃん、8月1日に手術を受けました。
 術後の経過は順調です。

 7月25日の病院でのレントゲン検査でお腹の大きなかたまりがあるのがわかりました。
 腫瘍なのか違うものなのか、子宮のあたりだと思うが開けてみないとなんともいえない。
 大きさは直径6センチぐらいかそれ以上、200gぐらいあるかもしれない。
 そういわれました。

 手術までの1週間、何を食べて何をしたかぼんやりとしか覚えてないのですがとにかくみみちゃんに出来る精一杯をやる!それだけはしっかり思っていました。

 23日にいつも通りの爪切りに行きました。
 
 また体重が増えていました。
 生活スタイルは変えてないし太るおやつもあげていない。
 なんか変だなと思っていると、先生がお腹の触診をいつもより長くして「少し張ってますね」と言います。
 前からちょっと気になっていたのは盲腸便を大きくしたような便を朝起きてすぐとか、お留守番で長い時間ゲージに入っていたあとにすること。
 もしかするとうっ帯の前触れとか何かかもしれないし、心配だしということでレントゲンをお願いしました。
 その日は混んでいたので25日に予約を入れました。

 25日に見たレントゲンは最初は目を疑うもので、大きな白いかたまりが写っていました。
 こんなに大きなものをかかえて生活していたの?と驚きでした。
 機嫌もいいし血尿などの症状もなかったので。

 エコーをかけると位置的には子宮かもしれないこと、年齢からいってもそれはありえる、まずは抱えていてもいいことはないので手術のお願いをして帰ってきました。

 
e0166066_11502970.jpg
 

 パパと「何がいけなかったんだろう?」とか「なんで気づかなかったんだろう?」とか過去を悔やむのはやめようと話ました。
 
 爪がそんなに伸びてないのに切りにいこうと思ったこと、なんともないといいなという思いでレントゲンをお願いしたこと、手芸やさんでなんとなくパワーストーンのブレスレットのキットが気になって「災い除け」と「長寿・健康」の二つを買って作ったこと、みみちゃんがリラックス出来たらいいなと思って小樽で買ったオルゴールのCD。
 きっとすべてが暗示というか繋がっていたのだろうと思いました。

 そして、4月に札幌で動物の鍼灸をしてくださる先生が開業されました。
 お友達が行ってくれたりしていたのになかなか挨拶に行けず、そろそろ顔を出しにいこうと思ってメールを入れていました。
 まさか挨拶が診察に変わるとはその時は思っていませんでしたがこれも暗示というか何かの予感が形になったのかなと思います。

 
e0166066_11505179.jpg

 
 鍼灸を受けているみみちゃんです。

 手術を決めた翌日で、車の中から涙でいっぱいでした。
 運転していたパパも嫌だったと思います。

 病院に着くと事前にmailしていたので先生はすぐにみみちゃんに鍼灸してくださいました。
 そして、うさぎさんはとっても飼い主さんの気持ちに敏感なんだというお話もされました。

 私が一番ダメダメなのはわかっていたので正直に気持ちを伝えました。

 先生は、もし、結果的に悪性とか悪いものであったとしても、みみちゃんの生活の質を変えないで健やかに過ごすことが大切だと思うと言ってくれました。
 普段から想っていたこと、でも急に手術が決まって忘れてしまっていたこと、冷静にさせてもらえて更に笑顔に元気にしてもらえた時間でした。

 リラックスするみみちゃんを見ていると私も本当に救われました。

 
e0166066_11511970.jpg

 
 先生には手術の前の日にも来たいことを伝えて予約をとらせていただきました。

 
e0166066_11191688.jpg


 手術はもちろん初めてのこと。
 ブログなどに書けば沢山のかたからアドバイスなどももらえるとはわかっていました。
 でも悲しくて書く気持ちにはなれませんでした。

 麻酔から覚めなかったらどうしよう、摘出したものは一目で悪いものだとわかるような物だったらどうしよう。
 気が動転している時に人からのアドバイスが聞けるだろうか?

 色んなことを考えたら書けなかったです。

 なので手術までの用意はなんとか調べてやりました。

 傷を気にしないように腹巻があったほうがいいとあったのでパパと「西松屋」へ行きました。
 赤ちゃんグッズを見ている私達は孫のものを買う夫婦に見えたと思います。
 

 
e0166066_1122182.jpg


 みみちゃんのお部屋は小さくして(病院に預けて帰宅後にやりました)。

 
e0166066_1122509.jpg


 いっぱいなでこして、タンポポとか沢山あげて。

 だけど私の緊張したり不安になったりで上がったり下がったりの日々でした。

 
e0166066_11515458.jpg


 手術の前日です。
 鍼灸を受けに朝から出かけました。
 早くついたので隣の永山公園で涼みました。

 
e0166066_11521223.jpg


 2回目の鍼灸、みみちゃんは慣れたものです。

 脈がとっても元気、毛艶もいい!
 だから大丈夫ですよとまたまた元気をもらいました。

 
e0166066_11522417.jpg


 鍼が終わってお灸待ちのみみちゃんです。
 お顔ふきふきしたり、タオルをほりほりしたり。

 
e0166066_1152418.jpg


 みみちゃんはお灸の方が好きみたいです。

 抜糸が終わったらしばらくは定期的に鍼灸を受けて回復をしていこうというお話をして帰ってきました。

 
e0166066_1153277.jpg


 お腹に大きなものが入っていたのでおでぶちゃんに見えていましたが違ったんですね。
 とったらスッキリして、体が軽くなって楽になるかな?
 
 1日の朝は私の気持ちが伝わってしまったのか朝からみみちゃん不機嫌でした。

 
e0166066_11532372.jpg
 

 でもいいお顔いっぱいしてくれました。

 私は結局、写真撮ってなでこして、「みみちゃん、みみちゃん」と言って、ヘチマを買うぐらいのことしか出来なかった。
 手術が終わってもそれは変わらないし、みみちゃんにずっとそばにいてほしいとこちらの希望ばっかりつたえちゃう。
 だけど、まだまだみみちゃんと一緒にいたいので「頑張って!」という言葉は嫌いだけど、頑張ってほしいと願うばかりでした。

 パパと10時に病院に連れていきました。
 朝から混んでいました。
 
 ワンちゃんを連れたおじいさんがみみちゃんを見て「大切に育てられているね~毛を見るとわかるよ!」と言ってくれました。
 全部は覚えていないけど一つ一つの言葉が胸に染みました。

 説明をもう一度受けて、みみちゃんには「4時にすぐに迎えに「くるからね!」と言ってお願いしました。

 たまたま午後から仕事が一つ入っていたので気が紛れました。
 祖父のお墓にお願いしにいって、そこの敷地内にある神社もいって。

 途中で病院から子宮はなんともなかったけれど、一緒に摘出していいかの電話がありました。
 そこからもう落着かずでした。

 4時前には病院に到着し、看護師さんが玄関を開けてくれました

 すぐにみみちゃんに会わせてくれました。
 麻酔で意識が朦朧としていました。

 診察台の上には大きなかたまりがありました。
 みみちゃんのお腹の中から摘出したものです。
 ソフトボールぐらいといっても過言ではない大きさです。
 300gぐらいでした。
 ちょうどベストな体重から太った分ぐらいです。

 見た感じは悪性ではなさそうとは言ってもらえましたが病理検査の結果を見ないとやはり安心は出来ません。
 悪性の場合はこんなに大きくなっていると他に転移していることが多いので違うかなという見解でした。

 みみちゃんの腫瘍(腫瘤)はどこの臓器にもくっついておらず単独でお腹のちょうど真ん中にまんまるくあったそうです。
 何かの炎症がそのまま大きくなってしまったのか、それもわからない。
 こういう腫瘍(腫瘤)は触診でみつけるのはかなり難しいのだそうです。
 でも破裂したり悪化して他の臓器に浸潤していかなくて良かったです。

 そんな話をしている途中でみみちゃんが私の声にきづいてくれました。
 そばにいくとヨロヨロしながら私のところまで来てくれました。

 もう詳しい話は検査結果の時でいいですということで連れて帰ってきました。

 
e0166066_1157140.jpg


 一緒に摘出した子宮と卵巣はとってもとってもキレイでした。
 それがとっても救いでした。

 
e0166066_11573928.jpg


 帰宅後のみみちゃんです。
 麻酔から完全に覚めるまではふらふら、ヨロヨロ。
 
 
e0166066_1158862.jpg


 お水はいっぱい飲みました。

 
e0166066_11584432.jpg


 術前のみみちゃんに合せた腹巻を買いましたが術後につけると大きかったみたいですが看護師さんがちゃんとずれないようにはかせてくれました。

 
e0166066_115933100.jpg


 急に決まった手術。
 慌てて沖縄うさぎさんのチャリティショップさんで葛の葉をお願いしておりました。
 術後すごく食べてくれました。

 
e0166066_11594644.jpg


 温めてくださいとのことだったのでペットヒーターつけてハーブマットも温めて使っています。


 3日目のみみちゃん、とっても元気で食欲もいっぱいあります。

 5日(月)に傷を見せに病院。
 10日に抜糸と病理検査の結果を聞きに行く予定になっています。


 長々書いてしまいましたがみみちゃんは順調に回復しています。

 摘出したものが悪いものであってもみみちゃんとの暮らしは変わりません。
 良性であったとしてもいつ病気になるかはわからないし、いつかはお別れの時はきます。
 そういうことを考えて考えた1週間でした。

 自分の生き方もやはり考えました。

 かけがえないのないみみちゃんを一番に考えていく生活をする。

 そうしていくだけだと強く想っているところです。

 またみみちゃんの様子は書いていきます。

 どうか、元気いっぱいになるように沢山の元気玉を送ってください♪
by best-bplace | 2013-08-03 12:04 | みみちゃん闘病記録