私は粕漬けが大好物。
 買うと高いけど、時々買っては食べてました。

 今年は大根をたっくさんもらったのもあって、「漬けてみようかな~」と思い、ネットで色々と検索して見よう見真似でやってみました。

 その酒粕で漬けた大根を今日、食べてみましたー!!

 
e0166066_19192455.jpg


 はい、ちゃんと粕漬けの味でした(笑)

 パパも娘もポリポリ食べてくれて「うまい、うまい」と言ってくれたので大丈夫そうです。

 まだ酒粕が半分残っているので、キュウリにも挑戦してみようかなと思います。

 急に寒くなったのもあって美味しくなったのかもしれません。

 自分で出来るようになると本当に嬉しい(〃^∇^)o_彡☆

 次は味噌と梅干が目標です♪


 それから今日の晩御飯に新メニューです(。・ω・。)ノ~☆

 ”チリたまドーフ”

 
e0166066_19223122.jpg


 トーフに片栗粉をまぶして狐色になるまで焼いて、しょうがと豆板醤を炒めて、ケチャップ・砂糖・だし汁・水で作った調味料を入れて、最後にときたまごを混ぜたものです。
 ちょっと辛くなったけどパパと息子には大好評。
 チリソースがご飯をすすめさせてくれますよね。
 トーフともやしは週に1,2回は登場します。
 やっぱり安いですもんね!!

 どちらも初めてにしてはいい出来でした(v≧∇≦)ノ

 
by best-bplace | 2008-11-30 19:23 | 料理

掃除が楽になりました!

 節約を意識してから真っ先にやったのがガスレンジの掃除でした^_^;

 いつも忙しさにかまけてカバーをつけてごまかしていたのだけど、そのカバーも考えたらけっこうな値段がします。
 年間で考えたらそれだけできっと数千円使う計算になります。
 しかももえにくいゴミ。

 某ホームセンターで工具のところを行ったり来たりして、ヤスリと金用のブラシを購入。
 こびりついてとれない汚れはヤスリでピッカピッカになりました。
 五穀のところも金用ブラシでゴシゴシ・・・^^;

 やればできました!

 真っ白なガスレンジにちゃんとなりました!!

 次はレンジフード。

 もう見たくない、避けていこうと思う感じだったのですが挑戦しました。
 
 まずは強力な油汚れをスプレーして新聞紙でパック状態に。
 15分ほどして新聞紙をはがしながらそのまま新聞紙で拭くだけでかなりピカピカに。
 あとはボロ雑巾をふんだん使って、酢とお水を混合したもので拭きまくりました。

 あ~やれば出来るんだ~~~~~~(〃^∇^)o_彡☆

 その日から台所を使い終わった後はさっさとお掃除をする習慣まで身についちゃいました。

 私はずーっと、お金さえあったらお手伝いさんを雇い、毎週ダスキンに来てもらいたい!と思っているほど掃除が嫌いでした。
 でも沢山の洗剤を使わなくても、しかも捨てる予定の新聞紙まで大活躍してキレイになると思ったら驚き&感動でした。

 幸いうちはパパが物を捨てない人なのでボロ雑巾はいっぱいあります。
 毎日掃除機をかけなくてもボロ雑巾をクイクッルワイパーにつけて床を拭くだけでキレイです。
 掃除機をかける前もホウキでゴミを集めてからかけるようになりました。
 
 他にも新聞紙はホチキスで適当にとめて袋状にして中にチラシを入れて生ゴミいれにもしています。
 窓ガラスもぬれた新聞紙で洗うとキレイになるし、けっこう使えますよね!

 そんなことをしているうちに、「ゴミの量も減ってきた!」と実感できるこのごろです。

 節約って前までは「ケチ」と混合していたので、なんかトライする気持ちになれなかったり、変な見栄もあったのですが、やってみると「快適な生活」になることなんだと思えてきました。
 
 昼間、使わない電化製品の待機電力をカットしてキレイになった部屋でお茶を飲んでいるとなんだかおうちも一休みできていて、以前の騒々しい我家とは違ってなんだかいいわ!って思えてきます。

 こうやって書いていると私がいかにちょっと前までひどい主婦だったかをばらしているようで恥ずかしいのですが、そんな私でもやれば出来るのねってことを記録しておきたいと思います(笑)

 そうそう、洗剤も激減しました。

 唯一まだ「カビキラー」は時々使っていますが、部屋の拭き掃除はクエン酸と水を混ぜたものでスプレーして拭いています。
 トイレもこれプラス重曹でほとんどOKです。

 私でもちょっとは環境に貢献できるようになってきました(*`・ω・´*)ゝ
e0166066_1849658.jpg

by best-bplace | 2008-11-29 18:49

お土産って嬉しい♪

e0166066_1824099.jpg


 昨日パパが帯広に仕事で行きました。
 朝早かったんだけど、パパの好きな「チーズおかか」のおにぎりと水筒に麦茶とcoffeeを用意して見送りました。
 帰ってきたのは夜の12時近く(。・ω・。)ノ~☆
 道路はツルツルで疲れたみたいです。

 帰ってくると手土産があって、私の大好きなスイートポテトです(〃^∇^)o_彡☆

 いいことすると、いいことが返ってくるのね!
 と実感しました(笑)

 グランベリーのスイートポテト、本当に美味しいんですよね~。

 十勝方面は食べ物が全体的に美味しいとも思うのですが。

 
e0166066_1827192.jpg


 続いてこちらは娘からの招待状です。

 毎年12月に特別支援学級でお楽しみ会があります。
 色んな出し物に分かれて楽しませてくれるのですが、今年は娘は”マジック”です。
 【切断】にも挑戦するんだそうです。

 楽しみ(v≧∇≦)ノ

 
 
 
by best-bplace | 2008-11-29 18:29 | 想うこと

親がもっておきたい知恵

 大分前ですがK先生のセミナーに行きました。
 ずっと内容をちゃんとまとめようと思って時間だけたってしまいました(苦笑)

 お題は『子供につけておきたい力~親がもっておきたい知恵~』です。

 まず最初に「生きるってなんですか?」とありました。

 生きるとは、【くらし・しごと・よか】を満喫することだといいます。
 くらしとは生活、しごとは子供なら学校。
 大事なのは「その人なりの満喫をすればいい」ということ。
 そして「できないところは手伝ってもらっていい。」ことが大事だと話してくれました。

 【これなら出来る自分がいる!】と思えることが重要だと教えてくれました。
 決して「これが出来ない・・・」と落ち込むことではないんですよと教えてくれました。

 子供が大きくなった時に「みんなと同じように出来るようになりたい。」とか「人と同じでいたい。」と思うようになることはありますが、そのずっと前から親が「そうさせたい」と思うことはなるべくやめましょうと言っていました。

 他の子と同じようにさせたいという想いは「誰のニーズですか?」、「それは本当にいいことでしょうか?」、「人と違うことはいけないことでしょうか?」と。

 本当はみんながファッションも持ち物も考え方も一緒だったら気味が悪いはずですよね。
 だけど、どうしても我が子にはそれを望んでしまう。
 それは本能として持っているものであり、みんなと同じということは「安心」を得ることも出来ることでもあります。
 でも、親がもっておきたい知恵の一つとして「人と違っていい」と思える強い気持ちってとっても大切なんだろうと思います。

 特に小さい頃には、「知らないことはわからない」ことであり、「失敗は成功への道」であるはずなのに、丁寧に教える前に、このぐらいの時期になったらこのぐらいのことは出来るはずと思ってしまう。
 特にまわりに同じぐらいの子がいると比べてしまうし、育児書にも目安が書いてあるのでちょっとでも違うと不安になります。
 でも、小さい時はなんでも出来なくて当たり前。
 赤ちゃんの時からなんでも出来たら変ですよね。
 でもでも、子育て真っ最中の時にはそう思える余裕もなくなるわけです。

 そんな時の魔法の言葉として「それでもちゃんと生きていると思いませんか?」という言葉をK先生はくださいました。

 トイレを教えるのが遅くても毎日元気いっぱいだったらそれでいいし、ちょっと他の子よりも文字を覚えるのが遅くても、集団の中でちょっと浮いてしまっても、一人遊びが苦手でも、「でもちゃんと生きている」ということが一番すばらしくありがたいことだと思えてくる。
 それが大事だと思いました。

 私は息子が小さいとき、まわりの友達はなぜか女の子ばかり産んだので男の子はうちだけでした。
 だから比較することが少なくて済みました。
 ちょっとやんちゃでも「男の子だからいいのよ!」と言ってもらえたり、ぐずっても「男の子はママっこなのよ!」と言ってもらえたり。
 でも女の子のママ同志は比べて悩むこともたくさんあったと大分たってからみんなが言ってました。
 私はその点とっても幸せだったなと思います。

 K先生は小さいうちも大きくなっても大事なことは【自己実現】だといいます。

 ○自分はけっこういけてるという実感
 ○だれかが認めてくれるという実感
 ○だれかのために(何かのために)生きているという実感

 この3つのどれが欠けても前にすすめないのだそうです。

 自分はけっこういけてると本人が思うためには、周りがほめたり認めたりしていくということが不可欠です。
 ほめるというよりは「ありのまま」を認めていくということでしょうか。
 「ここまできるね」でいいわけでダメだしはいりませんよっていうことです。

 自分がいなきゃ誰かが困ると思えば頑張る気持ちになれるのだそうです。
 多少手伝いがいるとしても「それなら多少手伝えばいいだけ。いっぱい手伝う必要はないけど、まったく見放すことも違う」と言います。
 自立してほしいと願うならその手伝いをちょっとづつ減らしていきましょう。
 すぐに全部を減らそうとするからうまくいかないんじゃないですか?と言っていました。

 学校に行くようになると「次の日の準備をしない」と困っているお母さんがいます。
 K先生は「学校にいったら頑張れればいいんじゃないですか?」といいます。
 「用意が出来ないなら手伝ってあげてください。用意の仕方がわからないのかもしれませんよ。」といいます。

 食べ物の好き嫌いをなくしたいという話題も多く出ますが、「豊な食生活とは食べることは楽しいこと。苦手なものを無理やり食べる練習をすることじゃない。」と言います。
 
 大事なことは「両方ねらわない」ことだといいます。

 そして「あなたの一番じゃなくて、子供にとっての一番を考えましょう。」と言っていました。

 まとめとしては

 『違っていい、違うからいい

 育つ人は自分に誇りをもっている

 育たない人は目的もないのに人と同じようになろうとします

 生きる力は「違っていい、違うからいい」ということを知ることである』


 親がもっておきたい知恵はまさしくこれに尽きるのではないでしょうか?


 息子と娘が発達障害だとわかってから、私が一番楽になれたのは『期待』をしなくなったことです。

 「高校はどこそこにいってほしい」
 「部活で活躍してくれたら嬉しい」
 「ピアノがもっと上手になったらいい」
 「お手伝いもしてくれたら助かる」
 「人並みな成績以上はとってほしい」

 診断前は色々思っていました。

 でも、今は「息子にとってどうかな」「娘にとって一番いいのはどれかな」と考えられるようになりました。
 そしたらものすっごく楽になりました。

 人と比べたり、期待をしないということはものすごく楽なことです。
 その分だけ子供の幸せを願ってあげる箱に余裕が出来るからです。
e0166066_22461570.jpg
 

 

 

 
by best-bplace | 2008-11-28 22:48

エコキャップ運動

 娘が行こうと思っている学校に見学にいった時にペットボトルのフタを集めているのが目に止まりました。
 なんだかわからない中、ペットボトルを捨てる時にとっておくようにしていましたが集めると何になるのかわかりました!

 ワクチンと取り替える事が出来るのでした(^^♪

 ☆ ゴミとして焼却処分されますと、キャップ400個で3150gのCO2が発生します

 ☆ キャップは400個で10円になります

 ☆ ポリオワクチンは1人分20円

 ☆ 800個=20円で1人の子どもの命が救えます
                  あなたの行動が、世界の子どもと地球の未来を創ります

 とういうことなのです。

 800個というと気が遠くなりそうですが、一人でも多くの人が意識できれば集まらないこともないのかな~と思います。

 リングプルは600~780キログラム集めると車椅子と交換できるそうです。
 780キロの方だと介護式軽量タイプの車椅子になるのだそうです。
 
 捨てるとごみになり、CO2も余分に発生させてしまいますが、それならちょっとでも役にたつほうに活用したいですよね。

 昔からある古切手の方は、換金率が約1kgにつき、1,000~1,200円だそうです。
 大体10kgで1万円ほどになるようです。
 枚数にすると、約5万枚のようです。
 ということは、1枚当たりは20銭ほどの値段になります。

 そう考えると切りとる手間を考えても残して集めた方がいいですよね。


 
e0166066_22143181.jpg




 
by best-bplace | 2008-11-28 22:14 | best@place

 今日はなんだか風邪気味で、朝のチラシチェックの時に買いたいものがあったのだけど午前中はダラダラしていました。
 午後からどうしてもでかけなくちゃいけなくなって、そのお店に寄ってみました。
 私がほしかったのは、

 上白糖 98円

 砂糖も値上がりしたので定価だと200円ちかくします。
 なのでこの値段は買い!!
 一人一個とまで書かれているので本当に買い!!

 で午後から行ったにもかかわらずいっぱいあったんです。
 ラッキーと思って買ったあとに、ちょっと悪い考えが^^;
 そう、もう一回並んで買うということでした。

 混んでいたので違うレジに行けばばれなさそう・・・と思い、砂糖だけもう一回並んで買いました。
 お菓子作りも好きだし、煮物もよく作るので砂糖は必需品。

 でもでも・・・良かったのかな~とちょっと反省しています(^_^.)

 このお店は普段から安売りしているところで、私が一番気に入っているのはとりのもも肉が2キロで980円なところ。
 だいたい7切れ入っています。

 私はこれを買ってきたら、まずは全部皮をとって食べやすい大きさにきって醤油とお酒を合わせたところに入れて保存します。
 これは、一品足りない時とかお酒のおつまみのためにとっておくのだけど、小麦粉をちょっとまぶしてカリっと揚げるだけで鳥皮の唐揚げになるんです。

 そして、1切れはお酒を入れたお湯で茹でてさいて冷凍します。
 これはバンバンジーとかサラダ用。
 ゆで汁も冷凍しておいてスープなどに使います。

 残っている2切れは唐揚げ用に味付けして冷凍。
 あとの4切れは2切れづつ冷凍。
 だいたいは照り焼きとかチーズを巻いてフライにして食べます。

 この980円の鶏肉で、かなりメインディッシュが作れることになるので200円以内という計算になります。
 これに野菜をモリモリつけて食べても食費はそんなにかからないのでした。

 我家はどっちかというと鶏肉が好きなので助かっています。

 ちょっと反省もしましたが、下ごしらえはバッチリだったと思う今日でした(#^.^#)
e0166066_19464349.jpg

by best-bplace | 2008-11-28 19:48

 節約記事の第二段は3ヶ月という数字のお話です。

 節約をスタートする時はそれまでの無駄なお金の使いかたやずさんな家計管理の名残があってどうしても気持ちが苦しくなったり、諦めたりしがいがちです。
 でも何度も繰り返し読んだ本の中に「3ヶ月たつと光熱費が下がってきたり貯金も増えてきます!」と書いてあってそれを励みにしてきました。

 2ヶ月目は電気代とか水道代も頑張ったわりにそんなに減っていないような気持ちになりました。
 つもり貯金も始めましたが貯金箱の重さもそんなに変わらないような・・・。

 しかし!

 やっぱり3ヶ月目に入ると効果がグ~ンと数字で出てきました!!

 うそじゃなかった(〃^∇^)o_彡☆

 電気代は意識する前までは9000円前後でした(恥ずかしいけど)。
 水道代も2ヶ月分で14000円前後。

 電気代はパソコンや携帯の充電はこまめに消す、エコタックで待機電力カット!
 これ、電子レンジとか洗濯機までやっています。
 そんなマメな努力で3ヶ月目にして6,436円まで減りました!!
 もうちょっと頑張れば5,000円代も夢じゃないかもです。
 1軒やに住んでいると難しいかとおもってましたが、やれば出来た!っていう感じです。

 水道代はお風呂の残り湯のj活用ぐらいしかまだ出来ていませんが、2,000円ほど減りました。

 貯金の方はそんなに出来ていないのだけど、小さい赤字は解消できてきたし、とにかく予算でやりくりすることも3ヶ月目にして定着してきたとおもいます。

 そして!!

 「軽いな~」と嘆いていたつもり貯金の貯金箱もいつしかずっしりと重くなり、もう入らないぐらいいっぱいになりました。
 買ったつもりでチャリン、掃除の時に小銭をみつけてはチャリン、パパの背広のポッケにあった小銭をチャリンと努力した結果・・・、

 銀行に持っていきましたら・・・

 なんと10,593円 になっていたんです。

 銀行の人も「貯金箱でこんなにためてすごいですね。」と何故かほめてくれました。

 チャリン・チャリンとこまめにやっていたら年間で5万前後は貯まるかもです。

 他にも引き落とし口座にはわざとに大目に入金して引き落としが終わったあとに残るお金も貯金したりやっています。
 で、一つは絶対おろさない通帳っていうのを作っておくといいんだそうです。
 臨時の出費とかは別で用意して、絶対おろさない通帳。
 そこで頑張り過ぎると挫折するので口座にあまったお金とか「チャリン・チャリン貯金」を入れていく程度にしておくと長続きするかもです。

 3ヶ月の壁を越えてくると、節約が楽しい物になってきて、家の中も片付いて家事もはかどるようなそんな気がしています。
e0166066_1330927.jpg

by best-bplace | 2008-11-28 13:31

今日は開校記念日

 今日は息子の高校の開校記念日です。
 なのでお休み。
 3連休ですよ~、うらやましい(〃^∇^)o_彡☆

 今、友達が来ているのだけど、一人が今日はお誕生日です。
 今朝息子が「お母さん、Kにマドレーヌでも焼いてやってよ!」と言われて、いやいや、はりきって焼いてしまいました(笑)
 息子は食べれないんだけど、友達に食べてもらいたい、何かプレゼントでもって思ったんでしょう。
 友達が家につくと、最初に来てた友達とHAPPY birthday♪を低ーーーい声で歌ってました。
 下手なんだけど、友情が伝わってきてジーンとしちゃいました(涙)

 前のblogにもさんざん書いてきましたが、息子は本当にお友達に恵まれています。
 発達障害はコミュニケーション・社会性の障害であるとも言われていますが、空気の読めないところはあっても雰囲気は読めて、長い間苦労してきた中で、息子なりの友達の大切にする方法を学んできたんでしょう。
 いつも友達がくると家が割れるんじゃないかと思うぐらいうるさいのだけど、ありがたい気持ちでいっぱいになります。

 そんな息子もセンター試験まであと1ヵ月半となりました。
 今朝は「12月に入ったら携帯のパケ放題止めていいよ。最低限のやりとりしかしないようにするから!」と宣言してきました。
 不安もいっぱいあるんだと思います。
 塾に行くと実際は1時間半のコースだけど5時間ぐらい粘って帰ってきます。
 私はせいぜい好きな物を食べさせることと送迎ぐらいしか出来ないけど、頑張っていることを応援させてもらおうと思っています。

 でもね、今は『息抜き』ってことで麻雀しています(苦笑)
e0166066_13125979.jpg

by best-bplace | 2008-11-28 13:14 | 想うこと

誰の問題か???

 私のblogを読んでくださる方には時々(いや、しょっちゅう?)登場する自立支援センターのK先生のファンも多くいます。
 最近K先生のことを書いていなかったな~と思うので、書いてみたいと思います。

 私が関わっている発達障害の親の会で時々来ていただいてK先生には相談会を開いて頂いています。
 毎回色んな相談事が出てくるのですが、K先生がいつもぶれずに言い続けてくれることがあります。
 それは、
 『誰の問題ですか?誰が困っているんですか?』ということです。

 たとえば子供が○○が出来ない、進級したら不安だ、お友達が少なくて心配だなどなど。
 先生はそれらの話を聞いて必ずお母さんに聞きます。

 『誰の問題ですか?』
 『誰が不安なんですか?』
 『誰の心配なんですか?』

 聞かれるとお母さん達は「はっ!?」とした顔になって「私の問題ですよね。」とか「私が一人で不安になっていました。」などと気付かれていきます。

 先生は、自分の問題と子供の自身の問題は分けて考えましょうといいます。
 そして、ちょっと厳しい言い方だけど「自分の問題は自分で解決しましょう」とも言います。

 親の会だから、発達障害を抱えている子供の保護者の集まりが中心です。
 K先生は当事者にはとっても優しく味方になってくれる先生です。
 だからこそこれらの話の他に必ず言ってくれます。

 「一番困っているのは本人、お子さんなんですよ!」と。

 そういう子供を抱えて親ももちろん参ってしまうことが多くあります。
 だけど、そうは言ってもそれ以上に、親が参っちゃうずっと前から子供自身がずーっと困ってきていて辛いのも通り越すぐらい大変なんだとK先生は言い続けてくれます。

 私は最初、K先生に出会った頃、頑張っている自分をほめてもらいたい、なぐさめてもらいたいと思った事が多々ありました。
 でも先生はずーっと一環して同じ言葉を言い続けてくれました。

 ある時も、息子がいつも同じパターンで同じことを何回も言う話をK先生にしました。
 私はこの時「お母さん、大変だね。」と言って欲しかったのだと思います。
 でもK先生は「お母さんも毎回同じようにこたえてあげてください。」と言いました。
 私はこの言葉を聞いて、「一番やさしい解答だな。」と思えて涙が止まりませんでした。
 なぜなら、障害は直らないからです。
 変えられないからです。

 どんなに努力をしても変わらないものを変えようと必死になるより、現実をちゃんと受け止めようねっていう言葉に私は聞こえて、

 「いいんだ。毎回同じことを話すけど、それが私の息子のありのままの姿なんだ!」と心にストンと落ちました。
 無理もしなくていいし、ダメだと思って直そうとしなくてもいいんだと思えて、そう思えたことですっごく救われました。

 もしも逆に「それじゃあお母さん大変だよね。同じこといっても無視したら?」と言われたり、直りもしないのいあの手この手と作戦をたてらると子供のことも自分のことさえも否定されたような気持ちになっていたような気がします。
 K先生の言葉はぶっきらぼうに感じるけれど、じっくり考えると一番やさしい言葉なんだと思いました。

 でも残念なことに、会を重ねてもそれが伝わらないお母さんもいます。
 そういうお母さんも毎日きっと必死なんでしょう。

 子供が進級できるかどうかわからない。
 みんなと同じようにできない。
 友達とちゃんとかかわって遊べていない・・・などなど。

 実際に子供自身が進級できないかもしれないよって悩んでいたり、みんなと同じように出来ないことを不安に思っていたり、友達とかかわれなくて困っているならK先生は作戦を考えましょうと言ってくれます。
 でもそれがお母さん自身の問題だったら自分で克服してくださいと言うことなんですよね。

 人と比べないということは難しいことです。
 大人になっても自分と他人を比べること、いっぱいあると思います。
 でも、比べるのは自分のことだけにして、子供のことは楽にしてあげたいなって私は何度も何度も思ってやってきました。

 だからちょっとだけ、主婦同志の話題についていけないこともありますが(笑)
 でも、それぐらいで丁度良いんだと思います(〃^∇^)o_彡☆
e0166066_1934395.jpg
 
by best-bplace | 2008-11-27 19:36

私でも出来た!!

 blogを読んで下さっている皆さんは毎月どのぐらい食費がかかっていますか?

 私はほんの数ヶ月前までは計算はしてないけれど、きっと6~10万というアバウト過ぎる、使いすぎている数字が頭をかけめぐります。
 一度の買い物で1万を超える時もあり、それだけ使ったのに3日後ぐらいにまた買い物に行くということも多々ありました。
 一番減らせないのが食費だと思い込み、使わない食材を捨て、今思うと超恐ろしい生活を送っていました。

 でも、今年に入って急にガソリンが値上がりして、続いて食材の値上がりが続き、さすがの私も「これはまずいんじゃないか?」と不安になりました。

 そんなある日、家の近くにある八百屋さんに寄って見ると地元で採れた大根が一本58円とかきゅうりも20本ぐらい入って198円とか思いがけない値段を見て、「これなら出来るかも!!」と思ったのが節約してみようと思ったきっかけでした。

 よく主婦向け雑誌を見ていると、4人家族、はまたまた6人とかの大家族でも食費を毎月2万円台で抑えているスーパー主婦が登場しています。
 こんなの絶対無理!と思っていましたがこの八百屋さんを活用したら私も出来るかもしれないと思ったのが9月のことでした。

 9月は食費に関してはお米代を抜いた食費が25000円以内で収まる事が出来、それは10月も11月もキープすることが出来ましたemoticon-0100-smile.gif

 予算であまった分や、頂き物があった時は使ったつもりで貯金もしていたので実際はもっと少ない金額でやりくりできた計算になります。
 9月は食費以外は失敗しちゃったのですが、食費と日用品の予算を一緒にしたのがいけなかったみおたいです。

 今は、毎月マックスバリューでの買い物用にWAONに10000円入金、これを4週で割って2500円の予算をてたます。
 現金で買い物する分を1ヶ月15000円にして4週分が各3260円、最後の3~4日分を1900円ぐらいに予算立てしています。
 
 予算を守るにのはまずは大体のおおまかな献立をたてておくことや、野菜を中心に買い物をすること、平日は息子のお弁当があるのでお肉や魚が中心だけど週末はなるべく野菜中心の料理にするという工夫をしています。

 先月息子に「お母さん、節約しているっていうけど毎日豪華なご飯じゃない!」と言ってもらえました。
 多分、献立をたてて工夫するので無謀にお金を使っていたときよりもメニューが増えていたり、彩りも良くなったんだろうと思います(涙)

 節約すると家族のお腹も満たされるんだと思うと驚きでした。

 毎朝チラシとにらめっこして買い物をしていますが、本当に行き当りばったりの買い物をしなくなりました。
 きっとこれだけで何万も違うのでしょうemoticon-0146-punch.gif

 節約記事の第一号として食費について書いてみました。e0166066_14193687.jpg
 
 
by best-bplace | 2008-11-27 14:19